音楽

シンシナティ・ポップス・オーケストラとアメリカーナな仲間たち

1918年11月11日、第一次世界大戦が終結して今年でちょうど100年。パリでは記念式典が行われ、各国首脳が集まっている様子(と、トランプ大統領がマクロン大統領にめっちゃきびしいこと言われてると思しき映像)をさっきニュースで見た。 この終戦100年記念に…

ファジル・サイ&新日本フィルハーモニー交響楽団

「僕のサイがね」 「君とこサイ飼ってるんか」 ……ではないほうのサイさんを、聴いてきました。 11月9日@すみだトリフォニー・ホール ファジル・サイ&新日本フィルハーモニー交響楽団 トリフォニーホール・グレイト・ピアニスト・シリーズ2018 すみだ×新日本…

NYタイムズは、いつでもグスたんの味方さ。

ニューヨーク・タイムズ(マガジン)のグスターボ・ドゥダメル記事がとても素晴らしかった。と言いつつ、ものすごく長いのでまだナナメ読みなので、ちゃんと読んであらめてご紹介できたらと思っている。 www.nytimes.com これはごくごく個人的な思いなのです…

アラン・ギルバート指揮NDRエルプフィルハーモニー管'18

11月4日14:00 @サントリーホール アラン・ギルバート指揮NDR エルプフィルハーモニー管弦楽団 NDR Elbphilharmonie Orchestra ずんっ♪ ♪きらきらっ ♪きらりんっ ニューヨーク後はなんだかワイルドだわ。 ああ、アラン・ギルバートが帰ってきました。て、まぁ…

夢で逢えませんように。

どう説明してよいのかわかりませんが、 ときどき、自分自身がショボショボのシワシワで、 あまりにもキレがないなーと自覚している夜に、 今やエレガントで慈愛あふれる紳士でおられるMTTの キレッキレでバッキバッキでエロエロでチョイ悪な時代のかっけ…

MTT&SFS@Carnegie Hall via WQXR

10月3、4日に行われた、カーネギー・ホール2018/19シーズンのオープニング・ナイト・コンサート。出演はマイケル・ティルソン・トーマス率いるサンフランシスコ交響楽団(簡単に書くとMTT&SFS、もっと簡略化するとMTTSFS笑)+ルネ・フレミング+オードラ…

リサとシェクとデ・ラ・パーラと校庭で。

今年のOPUS Klassik(昨年までのECHO Klassic)授賞式での、ヴァイオリンのリサ・バティアシュヴィリとチェロのシェク・カネー・メイソンによるデュオ“ニュー・シネマ・パラダイス 愛のテーマ”(ちょっと下にYouTube映像あります)。もはや若手という感じでは…

ポール・サイモン&yMusic on SNL

10月13日、《おっさん》こと(←私が呼んでるだけです)ポール・サイモンは77歳になった。喜寿ですよ。おめでたい。その記念すべき誕生日、彼は久々にNBC《サタデー・ナイト・ライブ》(SNL)に出演。今回のSNLは、番組を卒業したセス・マイヤーズがゲストMC…

アルマ・ドイチャーの『シンデレラ』

現在12歳のヴァイオリニスト/ピアニスト/作曲家(!)、英国人アルマ・ドイチャーが10歳の時に作曲した初めての(あたりまえだ)長編オペラ『シンデレラ』。そのフルオーケストラ版がサンホセ・オペラで米国初演され、現在medici.tvでのライブストリーミン…

細かすぎて伝わらないグラミー賞ノミネート雑感。

年末の風物詩、グラミー賞各部門ノミネートが発表された。 近年のグラミーはあまりにも部門賞が細分化しすぎてややこしくなってしまったので、ちょっと前にすっきりと部門を整理整頓した。が、このすっきり感が、どうも淋しい。これ、たぶん失敗だったと思う…

俺のハンカチ王子がこんなに可愛いわけがない。

《ハンカチ王子》とは何か? もちろん、元祖*1の話ではない。 2013年9月14日、ベルリン・フィル定期公演。名門ニューヨーク・フィルハーモニック音楽監督アラン・ギルバートさんはバルトークのバレエ音楽『かかし王子』を指揮し、大喝采を浴びた。 Bartók: T…

《ルサルカ》〜ネゼっちLOVESルネ様 〜

METライブビューイング2013–2014 第5作 ドヴォルザーク『ルサルカ』@東銀座・東劇 今日は都民劇場でアシュケナージ親子コンサートがあったのだが、チケットを家族に譲った。なぜなら、ルネ・フレミング女王様が十八番の『ルサルカ』を歌うMETライブビューイン…

《愛のアランFes☆2014》プロローグ

ここ10年ほどの間に、私にとってのクラシック音楽のありかたを大きく変えるきっかけとなった3つの出来事を経験している。 ひとつめは、NYフィルがロリン・マゼール時代の最後に来日した時の公演。なんというか、そのパワフルな音圧はキャビアでもフォアグラ…

続・輝く!日本レコード大将……あらため、ただの備忘録(笑)

今年は張り切って始めてみたものの、部門賞を考え始めたらグラミー並に細分化してしまったレコード大将。おまけに聴き返していると書きたいことも多くなってきて、この調子でネチネチ更新していたら春になりますわ。なので、当初の予定である部門賞はあきら…

輝く!日本レコード大将 2013《クラシック編》

「日本レコード大将」とは、その年に購入したレコードの中から勝手にオレの《大将》を選ぶまつりである。(ウェキペディアより) 今年は年末30日にCRTがあるので、ロックのほうのレコード大将はそっちで散々やると思う。ので、そうじゃないほうを選んでみよ…

イケメントリオがやって来るヤァ!ヤァ!ヤァ!

【ちゅうい】ただの2次会エントリーですので、ご注意ください。 今週、待ちに待った1枚のDVDが我が家に届きました! そう、あのイケメントリオのコンサートが映像化されたのです。 いやぁ、夏に行われたコンサートの模様はネットラジオなどで聴いてはいたの…

ベースボール・シンフォニー

ボストン・レッドソックス、ワールド・チャンピオンおめでとう! 最後、上原が登場した時のカッコよさ!勝負が決まった瞬間、感極まった表情の美しかったこと! クールなコメントで全米の心をワシづかみにした愛息カズ君の、グラウンドで彼を抱き上げた上原…

ユジャ×ドゥダ

ついに出たぜ。 ユジャ・ワン×ドゥダメル×シモン・ボリバル響。 先月末にYouTubeで公開された、この新作CDのトレーラーに収められた短い演奏シーンを見た瞬間に「やばいっ!」と声に出して叫んでしまった。それくらい、もう、いきなり期待度200パーセントくら…

傘ジャケに駄作なし。

雨の降る日は、傘のレコ。いや、それにしても今日はひどい雨と風だった。こんな日に、ようやく帰宅したのにまた雨の歌かよ……という話題ではないのでご安心を。 雨の歌じゃなくて、傘のレコ。なのである。 最近、ふと思いたって「傘ジャケレコ」研究をはじめ…

ホイットニー・ヒューストン

ホイットニー・ヒューストンの訃報。享年48。 米時間2月11日午後、滞在中のLAビバリー・ヒルトン・ホテルで亡くなったとの報道。翌12日に行われる第54回グラミー賞に先駆け、この夜、同ホテルで開催されるクライヴ・デイヴィス主催のプレ-グラミー・パー…

手紙でも書こう。

2月に発売が予定されているポール・マッカートニーの新作アルバム。いよいよタイトル、収録曲やアートワークなどなど詳細も発表されて盛り上がってまいりました。 Kisses On The Bottom01. I’m Gonna Sit Right Down And Write Myself A Letter 02. Home (W…

NYP、そしてMacca

年末年始、心に残った2枚の新作DVD。 1枚はアラン・ギルバート指揮、ニューヨーク・フィルによるコンサート『A CONCERT FOR NEW YORK』。もう1枚は、ポール・マッカートニーの音楽ドキュメンタリー『THE LOVE WE MAKE〜9.11からコンサート・フォー・ニ…

アパラチアのクリスマス

去年のクリスマスは、B-52'sのフレッド・シュナイダー率いるテクノ・ユニットThe Superionsのバカバカしくも美しい『Destination...Christmas!』で浮かれていたっけ。もちろん一昨年は、我らがボブ・ディラン先生の『Christmas in the Heart』ばかり聴いてい…

 珍説・スコッティくんと氷川くん。

昨日の続きです。スコッティ・マクリアリーとカントリー・ミュージックについて。 カントリー=アメリカの演歌、と言われることには非常に抵抗がある。 なぜなら、そういうことを言う人の93パーセントくらいはカントリーも演歌も嫌っていると相場が決まっ…

 ホンキートンクの逆襲2011〜ランディとスコッティ〜

『アメリカン・アイドル シーズン10』で優勝したスコッティ君をめぐる話です。が。昨日から続いている話でもあります。つながってる、ということについて。 先日ファイナルを迎えた、今年の『アメリカン・アイドル』。 番組の名物ジャッジ、英国人のサイモン…

おめでとう25周年、ランディ・トラヴィス

1986年に発売された、ランディ・トラヴィスのメジャー・デビューアルバム『Storm Of Life』。300万枚を超えるメガ・セールスを記録し、ネオトラディショナル・カントリー旋風を巻き起こすきっかけとなった。このアルバムから25年を記念して、超豪華な面々を…

落合記念館もいいけどDavid Wax Museumもね。

あまりにも遅すぎますが、あけましておめでとうございます。 芋づる式、という言葉が脳裏に浮かんでは消える2011年です。 音楽の話です。 昨年くらいから、アメリカの音楽シーンが楽しくて楽しくてたまらない。ベテランもいい感じだし、ビックリするような新…

今年もお世話になりました。

去年に比べて、今年はけっこう新譜もたくさん聴いたなぁ。あと、クラシックのCDも気づけばたくさん買っている。特に今年は歌モノの。人間の声、歌、というものを自覚的にとらえることで、自分の中の音楽観がかなり広がった気がする。オペラとかクラシック…

昔ふう中華そばとTボーン・バーネットと私

ラーメン道には疎いので、おおざっぱなラーメン話になることをお許しください。と、最初にあやまっておきます。 で。 しばらく前のこと、名門つけ麺店の弟子筋にあたる新店がオープンするまでの舞台裏…というテレビ番組を見た。このお店で出すメニューはふた…

ひみつ姉妹のひみつ

今年もあっという間に終わりですねぇ。 て、それはさすがにまだ早いな。 しかし、これだけ暑い日が続くともう、なるたけ先のことを考えたくもなるわけで。聞くところによると、今年は残暑ってのが10月くらいまで続くらしい。なので、まぁ、とりあえずちょっ…