Less Than JOURNAL

女には向かない職業

テープ起こし。

その昔、レコーディング・スタジオでは“Rollin'”というかけ声が録音開始の合図でした。言うまでもなく、それはアナログ・テープレコーダーを「回す」という意味。でも、でも、デジタル時代の今でも、ブライアン・ウィルソンは若い頃からやってきたのと同じよ…

Amazon Prime《ロマノフ家の末裔〜それぞれの人生》シーズン1-1

『マッドメン』のマシュー・ワイナーが製作/演出、他にもマッドメン・チームが再結集したAmazon Primeの新シリーズ『ロマノフ家の末裔〜それぞれの人生〜』の配信が始まったので、今はまだダメよ、ダメダメ、今月の宿題が全部終わったらゆっくりと……と楽し…

今年の初コンサート♪読響/山田和樹/ホアキン・アチュカロ

今年の初コンサート。 読響《土日マチネーシリーズ》@東京芸術劇場指揮/山田和樹ピアノ/ホアキン・アチュカロ------ラヴェル:高雅で感傷的なワルツラヴェル:ピアノ協奏曲ト長調リムスキー=コルサコフ:交響組曲「シェエラザード」------ 読響と、今シ…

Three Dots And A Dash 〜呼ばれて飛び出て♪じゃじゃじゃじゃーん〜

今ごろになって去年のベスト・アルバムの話をされても、逆に鬼が笑うかもしれませんが。 というか、そもそも年間ベスト・アルバムとは「うーん、何にしようかな。あれがいいな、いや、あれもよかったし」とウンウン悩むところが楽しいわけで。2018年の1枚と…

ケロヨンのクリスマス

昔から、本当にクリスマスが苦手だ。 クリスマス・ソングが爆音で流れる恵比寿駅前でパニック発作を起こしたこともあるくらいで、まじでシャレにならないレベルで苦手なのだが。この商売をやっているとなかなかそんなことも言っていられないので……というか、…

クリスマスLIVE FROM HEREまつり/All I Want For Christmas Is "LIVE FROM HERE"

米国時間の22日(土)夜(日本では翌日曜の朝)、クリス・シーリーがホストを務めるNPRのラジオ番組『LIVE FROM HERE』の公開収録がNYのタウン・ホールでおこなわれた。 前身の『プレイリー・ホーム・コンパニオン』の二代目MCに抜擢されてからは別名“ノンサ…

吾輩は万年筆。名前はまだない。

先日、テレビで北方謙三先生が愛用のモンブランをずらっと並べて紹介しておられた。北方先生といえば、今はなき中上、開高と並ぶ“日本3大モンブラン文豪”のおひとりとして有名ですが(※個人の感想)。なんと、先生は大切なモンブランにはお名前をつけている…

バレットジャーナル/Bullet Journalオフィシャル・ブック

セミの鳴いている頃には、すでに英国より2019年のスケジュール帳をお取り寄せしていたことは以前にも書いた。まぁ、そのことは自分でもアホを承知の毎年の儀式みたいなものなので。しかしまぁ、最近の手帳ブームはもっとすごい、セミが鳴き始める前からロフ…

【アメクラNewsいろいろ】ネゼ監督、いよいよMETデビュー。

今シーズンからメトロポリタン・オペラの音楽監督に就任したヤニック・ネゼ・セガン様、音楽監督として初めて指揮台に立った新演出『ラ・トラヴィアータ(椿姫)』。若き俊英の晴れ舞台にふさわしく、この新演出版の演出を担当したのはブロードウェイのスー…

#listening: Dr.Demento Covered In Punk / Various Artists

#listening "Dr.Demento Covered In Punk" Various Artists おもしろレコード愛好家あるいはライノレコード・チルドレンの誰もががっつりお世話になってきたに違いない、ノベルティ・ソングの皇帝“Dr.Demento(ドクター・デメント)”ことDJバリー・ハンセン…

METライブビューイング:サンサーンス《サムソンとデリラ》

METライブビューイング2018-2019サン=サーンス《サムソンとデリラ》 ■指揮:Sirマーク・エルダー■演出:ダルコ・トレズニヤック サムソン:ロベルト・アラーニャデリラ:エリーナ・ガランチャ大祭司:ロラン・ナウリヘブライの長老:ディミトリ・ベロセルス…

バンジョーとオペラとリアノン・ギデンズ

「ほっほー。リアノン・ギデンズとオペラについて書いてあるとは、世にもめずらしい本ですなー」 (※モデルはバイトのサクラです) 先日紹介した、シンシナティ・ポップス・オーケストラのアルバム『American Originals: 1918』でも大活躍だったリアノン・ギ…

#listeng: マムフォード&サンズ『デルタ』

▲ジャケもカッコええすなー。 今、数えてみたらもう5年前なのかと気づいて驚いたが、2013年7月のマムフォード&サンズの来日公演は忘れられない。もともとフジロック出演のための初来日だったが、あわせて新木場STUDIO COASTでもワンマン公演が決まったので…

来年のことを言うと鬼が笑いまスマイソン。

とあるブランドで働く知人に、中国からの爆買いのお客さんにはとにかく「赤」と「金」が人気があると聞いたことがある。それで、欧州ブランドでも最近は中国の顧客を意識したカラーを出したりしていると。以来、気にしてみれば確かにいろんなジャンルで「こ…

第225回志らく一門会/志らく志らべ親子会

いつもなかなかタイミングがうまく合わなかった立川志らべさんの落語の会に、ようやくお邪魔することができました。お師匠様の立川志らくさんとの「志らく志らべ親子会」@お江戸日本橋亭。楽しかった!音楽もいいけど、話芸という芸能の奥深さ素晴らしさをラ…

デイヴ・グルーシンと『卒業〜オリジナル・サウンドトラック』

最近、街歩きのBGMとして映画『卒業』(1967)のサントラばかり聴いている。 ※↓リンクはSpotify、もちろんiTunes他でも絶賛配信中。 open.spotify.com 『卒業』といえばサイモン&ガーファンクル。映画公開の2か月後、68年に発売されたこのサントラで彼らは初…

シンシナティ・ポップス・オーケストラとアメリカーナな仲間たち

1918年11月11日、第一次世界大戦が終結して今年でちょうど100年。パリでは記念式典が行われ、各国首脳が集まっている様子(と、トランプ大統領がマクロン大統領にめっちゃきびしいこと言われてると思しき映像)をさっきニュースで見た。 この終戦100年記念に…

ファジル・サイ&新日本フィルハーモニー交響楽団

「僕のサイがね」 「君とこサイ飼ってるんか」 ……ではないほうのサイさんを、聴いてきました。 11月9日@すみだトリフォニー・ホール ファジル・サイ&新日本フィルハーモニー交響楽団 トリフォニーホール・グレイト・ピアニスト・シリーズ2018 すみだ×新日本…

華氏119:ニッポンの未来はうぉうぉうぉうぉうぉーーー

よりによって米国中間選挙の日に(今日しか行けそうになかったからなのですが)、マイケル・ムーア監督の最新作『華氏119』を見てきた。 日本でもNetflix『ハウス・オブ・カード』のファイナル・シーズンが配信スタートしたばかりで、ちょうど昨夜エピソード…

NYタイムズは、いつでもグスたんの味方さ。

ニューヨーク・タイムズ(マガジン)のグスターボ・ドゥダメル記事がとても素晴らしかった。と言いつつ、ものすごく長いのでまだナナメ読みなので、ちゃんと読んであらめてご紹介できたらと思っている。 www.nytimes.com これはごくごく個人的な思いなのです…

アラン・ギルバート指揮NDRエルプフィルハーモニー管'18

11月4日14:00 @サントリーホール アラン・ギルバート指揮NDR エルプフィルハーモニー管弦楽団 NDR Elbphilharmonie Orchestra ずんっ♪ ♪きらきらっ ♪きらりんっ ニューヨーク後はなんだかワイルドだわ。 ああ、アラン・ギルバートが帰ってきました。て、まぁ…

夢で逢えませんように。

どう説明してよいのかわかりませんが、 ときどき、自分自身がショボショボのシワシワで、 あまりにもキレがないなーと自覚している夜に、 今やエレガントで慈愛あふれる紳士でおられるMTTの キレッキレでバッキバッキでエロエロでチョイ悪な時代のかっけ…

#Listening

昨日もアルバムを1枚ご紹介しましたが、ぽつり、ぽつりと初物が出てきておりますね。今年のクリスマス・ソング。ボジョレー・ヌーボーよりも早い。もぎたて。そして、今年はけっこうお気に入り曲がたくさん見つかる気がしますわー。 毎年ずっと書いているこ…

#Listening

ちょっと早いけど、今年のマイ・フェバリット・クリスマス・アルバム第一号が決まりました。 JD マクファーソンのクリスマス・アルバム《SOCKS》。 もちろん、まずはジャケにひと目ぼれ。 洋の東西問わず、リーゼント・ロケンローならではの《不良カワイイ》…

ピクルスとダンカン

●スチュアート・ダンカン&ノーム・ピクルニー@Peter Barakan's LIVE MAGIC! いやぁ、やっぱしアルチザンにまさる色男なしですな(意味不明)。 ゴート・ロデオ・セッションズでは“ひとりだけ譜面が読めない男”としてヨーヨー・マさんに「これがスチュアート…

#Listening

open.spotify.com イーファ・オドノヴァン(Aolfe O'Donovan)の新曲「Are You There」。 エリザベス・チョンコ(Elizabeth Chomko)監督/脚本の新作映画『WHAT THEY HAD』のための曲で、監督が彼女の母親と共に書いていた詞曲デモをもとに作られたもの。イ…

MTT&SFS@Carnegie Hall via WQXR

10月3、4日に行われた、カーネギー・ホール2018/19シーズンのオープニング・ナイト・コンサート。出演はマイケル・ティルソン・トーマス率いるサンフランシスコ交響楽団(簡単に書くとMTT&SFS、もっと簡略化するとMTTSFS笑)+ルネ・フレミング+オードラ…

Like This

TODAY

リサとシェクとデ・ラ・パーラと校庭で。

今年のOPUS Klassik(昨年までのECHO Klassic)授賞式での、ヴァイオリンのリサ・バティアシュヴィリとチェロのシェク・カネー・メイソンによるデュオ“ニュー・シネマ・パラダイス 愛のテーマ”(ちょっと下にYouTube映像あります)。もはや若手という感じでは…

『私は、マリア・カラス』

カラスといっても、キョエちゃんではないのよ。 12月21日公開のドキュメンタリー『私は、マリア・カラス (MARIA BY CALLAS)』の試写会へ。※以下、ネタはバレませんのでご安心ください。 現存するカラスの映像やインタビュー音声はそう多くないので、最初、初…